【にきび】食事との関連が皮膚科の学会で取り上げられた

栄養療法 オーソモレキュラー にきび

肌荒れを気にする女性
「健康なお肌と“きれい”をめざして」いるあなた、こんにちは!!   2021年7月4日の日本小児皮膚科学会学術大会のランチョンセミナーで、「試験管レベルにおいて」と断りはありましたが、「血糖の変動が大きくなるようなものはニキビによくない。」、「乳製品を摂るのはニキビによくない。」という旨のご発表内容に含まれていました。   我々、オーソモレキュラー療法(栄養療法)を実践する医師たちからすると、「やっと追いついてきたか。」とある種、感慨深いものがありました。   ニキビの治療法として、薬剤(ホルモン療法を含む)、ピーリング等の施術以外に食事面からのアプローチも選択肢に本格的に注目してもらいたいものです。   では。

関連記事

採用情報 TESTむやスキンクリニック |千里中央でニキビ・アトピー・シミ治療の皮膚科なら